緑区特集

緑区の物件特集

About Green Area

緑区の誕生は、昭和38年に愛知郡鳴海町が名古屋市と合併し、14番目の行政区として誕生しました。
翌39年には知多郡有松町と知多郡大高町がさらに合併して現在の緑区となりました。
緑区という区名は、鳴海を生涯で4回訪れたことのある松尾芭蕉が、「初秋や海も青田の一みどり」
という句を詠み、その句の「一みどり」が緑区の由来になったという話もあります。

緑区の3つの魅力

The charm of Midori Ward

通勤通学・買い物の
利便性

公共交通機関

JR

大高駅・南大高駅

名鉄

鳴海駅・左京山駅・有松駅・中京競馬場駅

地下鉄

徳重駅・神沢駅・相生山駅

バスのロータリーも5ヵ所併設

三河方面の通勤

国道302号線、23号線などの主要道路があり、豊田市、刈谷市、安城市などにも1時間以内で通勤も可能です。名古屋市の区別スーパーの店舗数名古屋市内1位。

計画された街並み

第一種低層住居専用地域が多い為、統一された綺麗な街並みができます。
名古屋市内区別公園数 1位。
緑区では小学校区に平均8カ所以上公園があることになります。
緑区(特に東側)は浸水のリスクが少ない地域です。
緑区は液状化リスクが低くなっています。

子育て環境の充実

保育園・幼稚園の数、名古屋市内で緑区がNo.1。
小児科数、名古屋市内で緑区がNo.1。
名古屋市の中でも塾が多い、文教地区。
名古屋市の平均と比べ15歳未満の人口が多い。

15歳未満の平均人口割合

12.4%

名古屋市

15.5%

緑区

気になる物件がある方はお気軽に
ご予約ください

お電話でもWEBでもご予約OK!

0120-16-3431

現在販売中の緑区の物件一覧